「Latonia Saga 2 蒼の呪石編 下」」(加藤夏樹著)が発売されました。

2012年10月12日
Latonia Saga2 蒼の呪石編 下 表紙

「Latonia Saga 2 蒼の呪石編 下」
著者:加藤夏樹

  • 装画:村田修
  • 発行年月:2012年10月
  • 販売価格:450円
  • 作品番号:2-002
  • ジャンル:ファンタジー
Kindle ストアへ

【販売先】
AMAZON KINDLEストア

【内容】
覇権国家ダラスが誇るスーパーコンピューター「ネメシス」が、新興宗教組織「新世界」に乗っ取られた。
「新世界」は国家を名乗り、ダラスを内側から崩壊させ、ダラスという国そのものを乗っ取り、
新国家を樹立することを宣誓した。ダラスの要人の多くが「新世界」に取り込まれ、
ダラスは文字通り、内側から崩れ去ろうとしていた。
そんな中、神皇国から派遣された皇騎サラとジャックは、スーパーコンピューターが置かれる
砂漠の要塞「デザートラビット」へ極秘任務を遂行する。
スーパーコンピューター内部に深く入り込み、遂に親友と相見えるジャック。
やはり事件は、呪石に魅入られた者による姦計だった。呪石を回収しようと迎撃する皇騎に対して、
ロンギヌスの執拗な攻撃が邪魔をする。
そして、現れたロンギヌスを前に、サラは言葉を失う。果たして、ジャックは、サラは、
この悲劇を食い止めることができるだろうか。

【担当編集より】
ひとりの人から紡がれた思想が、ひとり歩きを始め、世界を呪う。
インターネット上に、突如、出現した新興宗教「新世界」。
ダラスが誇るスーパーコンピューター「ネメシス」が
「新世界」に乗っ取られた。
「新世界」は国家を名乗り、ダラスを内側から転覆させようと動き始めた。

加藤夏樹 作品一覧へ